2016年03月28日

マルタイ、到着しました

sp

SPの記事の時に、腕時計は別記事にするとしましたが、これには意味があります。
実は(というほどでもないですが)SPで隊員が使用している腕時計がG−SHOCKなのです。

sp03
speedSP2
wpid-large
cap574
speedSP

以前、ミルスペックウォッチでG−SHOCKが欲しいと書きましたが、SPでG−SHOCKが使われるとあっては選択肢の一つとして無視できなくなります。

SPで使われているG−SHOCKはDW-5600C-1V。G−SHOCKとしては黎明期よりあるスクエアタイプで、キアヌリーブスが主演した「スピード」で使用していたDW-5600C-1Vの発展型。このモデルがスピードモデルと呼ばれるのは、この映画にちなんでのことです。

c3694311

他にも、キムタクの「HERO」でも使用されており、前回紹介したMI2モデルと同じく、メディアによって人気が出たモデルです。

SPの任務は時間厳守のものが多いので、画面に映る機会が非常に多く、持っていればSP気分に浸れるでしょう。

SPで使われているG-5600-1JFはソーラーモデル。結構誤解がありますが、ソーラーモデルだからといって半永久的に使えるわけではありません。あくまで「ソーラー充電ができる」だけであり、搭載されている二次電池がヘタると動かなくなります。5600系はソーラー機能のないものが6000円。あるものが1万円ほどとなっています。電池タイプだと寿命が2年ほど。ソーラータイプは10年ほどと言われているので、少し高くてもソーラータイプがお薦めといえます。

もう一つの利点として、電池の交換回数を減らすことができます。上に書いてあることの捕捉になるのですが、G−SHOCKは20気圧防水なので、気密性を保持したまま交換できる設備はそうそう無く、街の時計屋さんやホームセンターでの電池交換は推奨されません。そのためカシオに送っての有償交換になるのですが、それが一回3000円ほどだというのです。購入時には安いものの、電池交換が頻繁になれば、コストパフォーマンスはソーラーモデルに軍配があがることになります。

とはいえ、G−SHOCKは耐衝撃には強いものの経年劣化には非常に弱く、加水分解により数年でダメになることも知られています。仕事で使う人は2年ほどで本体ごと交換してしまう人も居ます。それを考えると、時計部分が長く持つからとソーラーモデルを選んでも、ケースやベルトが先に崩壊してしまうのかもしれないのです。であれば、安い通常タイプを買い替えるのも、悪い選択ではないですね。

さて、こちらのモデルにもカシオ純正パチもんが存在します。

f-108wh-1a_2

F-108WH-1A
雰囲気は非常に5600に似ています。先の6900パチのW-735H-8AJFのように、プレイグッズに徹するならこちらでもいいでしょう。ただ、この盤面が黒のタイプは逆輸入品で、言うほど安く手に入りません。送料含めると4000円ほどなので、これなら6000円ほどで買えるの5600の輸入品を選んだ方がいいかな?
盤面が白のものなら2000円程で手に入るので、それなら選択肢に入ると思いますが。

51atmlzmBqL

さて、前回の6900モデルと5600モデル。
どちらを選ぶか非常に難しい状況となりました。
※両方とも後継機に移行しており、全く同じものは入手できないようです。

GW-M5610-1JF

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村


電波時計の機能も付いているタイプを友人が持ってた


一番シンプルなタイプがコチラ


プレイグッズとしてならコチラ




posted by あんドラ at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の宝物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

YouはShock!!

41029B2R18L

最近腕時計に興味を持っている私ですが、そういえばミルスペックウォッチって持ってないなぁ、と思いました。ただ、軍ってどんな腕時計を使っているか全く知りません。イマイチイメージも湧かないのです。

やっぱり本場(?)のアメリカ製でしょうか、と思いつつ検索検索。
すると出ました。

G−SHOCK

うーん・・・。
我ながら気付かなかったことに驚愕です。これぞ灯台下暗し。
色々と調べてみると、特殊部隊は勿論、自衛隊員にも使用している人は多いようです。

タフで有名なG−SHOCK。なるほど軍人が使うにもってこいの時計です。
これは一本欲しいなと思い、更に調べてみました。
希望としては、なるべくシンプル、堅牢、そして安い事です。

で、出てきたのがコチラ

41u+x2sSVBL

CASIO G-SHOCK ジーショック STANDARD BASIC FOX FIRE DW-6900B-9

お値段約8,000円。
評価のところを見ると、まさにスタンダードの中のスタンダード。
この海外モデルを映画「ミッションインポッシブル2」の中でトム・クルーズが装着していたため、一時爆発的な人気になったようです。

更に、映画「ローンサバイバー」でも隊員が付けており、特殊部隊の装備としてのイメージにぴったり。これは中々良さそう。

ところで、同じAmazonのページに、見た目全く同じなのに少し安いモデルがありました。

614bnVNw+9L._UL1500_

CASIO Gショック MI2モデル DW6900-1

お値段約7,000円。
先述のトム・クルーズが着けていた時計がこれということなのですね。海外製ということで少し安いということ。先のモデルは国内製造ということで少々高いようです。国産志向の私としては前者の方が好みですが、無茶な使い方をする時計だけに、なるべく安い方が良いというのもあります。さてどうしたものか。

そんな中、更に同じようなモデルを発見。

512dB3ssocL

CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-8AJF

お値段約3,000円。
見た目はG-SHOCKですが、商品名はカシオスタンダードというもの。以前紹介したチープカシオの仲間と言えそう。値段も半分で、海外ではプアマンズG-SHOCKとも言われている模様です。純正のぱちもんという感じですか。
タフさは比べるべくもないですが、時計としては天下のCASIO製で問題は無く、精々サバゲで使うくらいであればG-SHOCKほど高スペックのものでなく、これくらいの時計で十分なのかもしれません。

ブランドと性能でG-SHOCKにするか。ハイコストパフォーマンスでスタンダードモデルにするか。
それぞれ違った魅力があり、選択するのが非常に悩ましいですね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村


心情的にはやはり国産


プレイグッズと割り切るならこれでも十分




posted by あんドラ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の宝物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

だがしかしお

332_img_102

チープカシオが流行っているらしい。
チープカシオって、近所の文房具屋や駄菓子屋でも売ってたあの安いやつだよね。
昔持ってた。

で、懐かしくなって調べると出るわ出るわ。
その中でも

カシオ F−84W

コレコレ!

F−84W。
どうですこの時代遅れなデザイン。しかし、デジタル表示が珍しい私の子供の頃は最先端&未来的なデザインだったのです。お値段は実売で1000円程度。性能はカシオだけに折り紙つき。なので

カシオ F−84W

買っちゃった♪

ホームセンターで1,080円で購入。通販なら900円で売っているところもあります。驚くのは定価が 3,780円という点。まぁ普通に考えればそれくらいだよなぁ。でも、その値段なら買わないというのも正直なところ。

カシオ F−84W

考えてみれば「チープカシオ」なんて呼び方はかなり失礼ですが、もうそうとしか呼べない品質なのも事実。バンドもビニール、部品の殆どはプラスチックと、徹底的なコストダウン&シンプルに作られています。いやー、こういう実用一点張りなところ好きですわ。軍用品に通ずるところがありますね。

ただ、これだけの時計なのにカシオのHPに載ってないのにびっくり。
説明書のダウンロードはあるのに。

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村


思い出補正爆発。LED搭載バージョンもあるので色々探してみて下さい。


更に潔いアナログタイプ




posted by あんドラ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の宝物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする