2020年11月11日

"B" " ' " "z"

はーいB’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-Day2でーす。

TAKEBM

初っ端の「LOVE IS DEAD」からミュージックマン。トリッキーな曲といえ、ここでミュージックマンを使うというのは、もはや現在のメインギターと言っていいかも。95年頃の心境に戻ったのかな。

TAKCY
TAKDCGT

Gibsonシグネイチャで目を引いたのはこの二本。
レスポールのキャナリイエローとDCゴールドトップ。特にDCゴールドトップは、使い始めたころの使用頻度がそれほど多くなかったイメージ。ここで使うと言うことは、DCで生き残れるのはこいつだけかも・・・。次のライブに他のギターが出てくることに期待。
CYは近年出たタイプでしょうね。

最後にフェンダーのスティーヴィー・レイ・ヴォーン・シグネイチャ。

TAKSTR

音が良かったので購入したというが、TAKの文字を入れてるということは気に入ってるのでしょう。実際レコーディングでは多用している様子です。

という感じのDAY2でした。
セットリストとしては、「闇の雨」と「YOU&I」が良かった。
闇の雨といえばバカ弾きソロが印象に残るのですが、最近は他の曲も含めてそこまで派手に弾かない。本人が速弾きへの興味がないのがありありなので、残念な部分でもある。オリジナルの蒼い弾丸とか久しぶりに聞きたい。
あとYOU&Iのイントロがあまり綺麗に音出てないのが気になった。

そして「最高!」と思ったのがlove me, I love youの演出。確か他のライブジムでもやったはずですが、あれはめっちゃ良いですね。
ではまた週末。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギターアンプ YAMAHA ヤマハ THR10II (THR-10II)【送料無料】
価格:35200円(税込、送料無料) (2020/11/11時点)


練習用アンプのスタンダードになるか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロスコ オフィサーバッジRothco Officer Badge 1915(4色)
価格:1800円(税込、送料別) (2020/11/11時点)


今はまっているドラマの影響




posted by あんドラ at 23:22 | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

Gibson Tak Matsumoto Double Cutaway

30167444_1665204456904844_7974155648176875005_o1

唐突にB'zのインスタに上げられたDouble Cutaway。
https://www.instagram.com/bz_official_insta/
勢揃いではないものの、おおよそ今でもライブで使われるDC達。市販品を同様にコレクションしているファンの方も居るでしょうが、ご本人にこれをされては羨むばかりですね。

思えば、私でも手の届くEpiphone版の発売は、初代のキルトトップではなくエボニーからでした。先のエピエリのような品質でキルトの発売を切望したものの、残念ながら韓国製のエボニーでがっかりしたものです。

とはいえ、憧れのDCが手に入るということでエボニーを購入。ところが予想外にレッド、ゴールド、ブルーが次々と発売され、結局キルトの次に好きなレッドも購入するという顛末でした。

Epiphone TAK Matsumoto DC cherry & CUSTOM

ナットやネックの精度、絶縁の問題など色々ありましたが、今でもしっかり使っています。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


再販されても件のCYみたいになるのだろう。




お薦め!


posted by あんドラ at 23:20 | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018

b08_01_01

やはり出ました。その名もGibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018。
詳細はオフィシャルのサイトにあります(http://bz-vermillion.com/exhibition/details.html?id=1)が、気になった部分を抜粋してみます。

『ネックには、デジタル・スキャナーでデータ化した本人所有の1959年製レス・ポールの形状が採用されています。ボディバックのマホガニーはチェンバード構造(切削により空洞部分を設ける)にすることで軽量化を図りました。これらヴィンテージとコンテンポラリーのハイブリッドにより、プレイアビリティとコンフォータビリティを向上させています。トーンについては、Gibson Customというハイエンド・ブランドの最新スペックである、チューブレスのヒストリック・トラスロッド、カスタムバッカー・ピックアップ、ハイドグルー(にかわ)による木部接着により、鳴り、レスポンス、サスティーンともに向上しています。』

要するに

初代CYとは別物

ということですね。

3d4acbd47def6660b1ee8de27ae5369a

歓迎するか否かはユーザー次第ということです。
私としては、「無理してでも初代買っとくべきだったか・・・」という気分です。

価格は¥678,000(税抜き)。
今のところB’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018 シグネチャー・コラボレーション企画の一つのようですが、一般販売もそのうちされるのではないでしょうか。

最近エピ版が発売されないのは残念だなぁ。

初代についての記事はコチラ
http://anpandorayaki222.seesaa.net/article/230389309.html

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokai HLS170F VF(Violin Finish) 《エレキギター》【送料無料】
価格:146880円(税込、送料別) (2018/3/29時点)


もしレスポールを買うならこれにします




高級モデルならこれが欲しい




posted by あんドラ at 21:56 | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする