2021年02月23日

聞こえる・・・カツ!

プレバンでドダイ改が再販受付中。

1000155125_4

というか、プレバンだと知らなかったよ。ベースジャバーは一般販売なのに。

ドダイといえば、公開当初、プラモ屋で注文したらドダイYSが届くというよくある経験をしました。

1514

あの頃は、劇中登場メカは全てプラモ化すると思ってた。でも、あれだけ印象的な活躍してれば出ると思うじゃん普通・・・。
YSですらキット化されてるんだぜ?

1000155125_9

公式画像でも、プレバンドダイにプレバンエゥーゴジム2が乗るというイジメのような構図。
でも、やはりドダイ改には、エゥーゴの量産モビルスーツがよく似合う。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】HGUC?1/144?MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)
価格:8600円(税込、送料別) (2021/2/23時点)


直ぐプレミア価格にする風潮は◯ソ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

F1マシンコレクション 第103号 デアゴスティーニ
価格:2536円(税込、送料別) (2021/2/23時点)


この本に関しては近々




posted by あんドラ at 15:16 | Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

連邦も小型で強力なMSを開発していたか

クライマックスUCのコミカライズを見ていたら、F90が欲しくなったのでチェック。
プレバンの意義も最近はそれなりに理解しているので、少しくらい高くても買おうかなと思っていると、丁度来年2月分を予約中でした。

20190417_f90_02
20190417_f90_03

やっぱり格好良い!

でもやっぱり高い・・・

MGとはいえ、第1〜2世代MSの1/144サイズ。
色々なギミックを凝縮しているとはいえ、4400円はキツい。
更にオプションを付けると6000円声は確実。

しかも、目的のVタイプオプションはまだ出てない。
なんか色々ハードルが高い。

ヘビーガンやGキャノンが出ていないというのも残念な部分。
主役機のプロトタイプとか大好物なんだけどなぁ。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


世間では酷評だが個人的に好き



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HGUC167 ガンダムF91
価格:1190円(税込、送料別) (2020/11/26時点)


HGUCで出せるんだからさぁ・・・




posted by あんドラ at 15:13 | Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

御国の四方を守るべし

12598

宇宙戦艦ヤマト2203を見て、積みプラしていたことを思い出したので作ってみました。
その名は

主力戦艦

合理的・・・なのか。
まぁ、当時の放送で名前が無かったという方が正解か。
ヤマト2203では目出度くドレッドノート級とされ、ド級戦艦が山ほど作られていました。

主力戦艦

今回作ったのは旧作のもの。
値札を見ると600円弱。この度のドレッドノート級が4、000円近くしていることを考えると、破格であります。

しかし、それもそのはず。
新作のド級はガンプラで培われた技術が投入されており、素組みでも圧倒的存在感を放つ良作になっております。
LEDギミックが無ければ、もう少し安くできたのではないかと思わずにはいられないのですが・・・。こういう量産型は揃えてナンボですからね。

主力戦艦

で、旧作ですが、おそらくキットとしては40年近く前の型ではないかと。
箱を開けたときは軽く目眩がしたのものですが、素直に組んで終りにしようと決意。

がっつりパーツ同士に隙間が出来ていたりするものの、組み上げると意外に良い出来です。
この、三連装ショックカノンは男心をくすぐります。まごう事なき大艦巨砲主義ですね。

主力戦艦

通常であれば戦艦は生産数が少なく、それを補完する巡洋艦、駆逐艦などがメインの戦闘艦になるものですが、次元断層とかいうチートにより決戦兵器である戦艦が大量生産され、私の大好物である巡洋艦、護衛艦、駆逐艦の出番がほぼ無くなりました。当然キット化もされず、もう泣きそうです。せめて旧作再販されないかな。

宇宙戦艦ヤマトという物語は、少ない戦力で巨大な敵に立ち向かうのが格好良いと思ってましたが、これはちょっと違うなと思った次第です。

後は残った部分を塗装して、クリアーを吹いて進水とします。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


再販が繰り返されているので、一応売れているのですね




こちらも旧作に比較して値上がりが凄い。そしてちっさい!




posted by あんドラ at 20:45 | Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする