2018年03月29日

Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018

b08_01_01

やはり出ました。その名もGibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Standard Canary Yellow 2018。
詳細はオフィシャルのサイトにあります(http://bz-vermillion.com/exhibition/details.html?id=1)が、気になった部分を抜粋してみます。

『ネックには、デジタル・スキャナーでデータ化した本人所有の1959年製レス・ポールの形状が採用されています。ボディバックのマホガニーはチェンバード構造(切削により空洞部分を設ける)にすることで軽量化を図りました。これらヴィンテージとコンテンポラリーのハイブリッドにより、プレイアビリティとコンフォータビリティを向上させています。トーンについては、Gibson Customというハイエンド・ブランドの最新スペックである、チューブレスのヒストリック・トラスロッド、カスタムバッカー・ピックアップ、ハイドグルー(にかわ)による木部接着により、鳴り、レスポンス、サスティーンともに向上しています。』

要するに

初代CYとは別物

ということですね。

3d4acbd47def6660b1ee8de27ae5369a

歓迎するか否かはユーザー次第ということです。
私としては、「無理してでも初代買っとくべきだったか・・・」という気分です。

価格は¥678,000(税抜き)。
今のところB’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018 シグネチャー・コラボレーション企画の一つのようですが、一般販売もそのうちされるのではないでしょうか。

最近エピ版が発売されないのは残念だなぁ。

初代についての記事はコチラ
http://anpandorayaki222.seesaa.net/article/230389309.html

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokai HLS170F VF(Violin Finish) 《エレキギター》【送料無料】
価格:146880円(税込、送料別) (2018/3/29時点)


もしレスポールを買うならこれにします




高級モデルならこれが欲しい



posted by あんドラ at 21:56 | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: