2020年10月22日

君を傷つけていっぱい泣かせて

BzHOME

ステイホーム期間に上げられたB’zの「HOME」の動画。
これを見てあらためて弾いてみたいと思った人も多いことでしょう。かくいう私も「そういえば昔弾きかけて放置したなぁ。」と思い、よっこらしょとギターを取り出しました。

しかし、この曲の一番の難所はイントロですよね。
YOUTUBEでもこの部分の解説動画がたくさんあります。たくさんあるということは、それだけ難しいということでもりあります。ここで挫折した人も多いのでは?

僕も、一応弾けてはいるものの「なんか違う。」という感じでした。
そこで、経験上、自分の不得意なところを間違えている、と思うところを集中して練習したところ、かなりマシになってきました。
その場所とはずばり「開放」。

HOMEint

「HOME」のイントロプレイは開放を多用したプレイになっています。
私はエレキギターを弾いているのに、殆どの練習をアンプ無しでやります。そうするとピッキングしないプリング音が小さいので、それを音数に入れないという悪いクセがあります。ここを意識してキチンと鳴らさないと、音の足りない間延びした演奏になってしまいます。

そしてもう一つ、注意しなければならない点があります。それはフレーズを急いでしまうこと。
HOMEのイントロは、スコアを見るとかなりの音数で構成されています。これだけで「急いで弾かないと間に合わない!」と思っちゃったりします。そうなると、特に譜面が混み合っている2→3→2→0等のハンマリング&プリング部分のフレーズを急ぎがちになり、実は走ってしまっている状態になったりします。

なので、どうもHOMEのイントロがうまく弾けないという人は、キチンと開放が鳴らせていないか、走っているか、その両方か、ということだと思います。

特に、初心者の場合ですと、どこがおかしいのかが分からないので、いつまで経っても弾けない!ということになりがちです(経験済み)。残念ながらYOUTUBEの解説動画では、自分のおかしいところまでは指摘してくれませんので、どこが悪いかを自分で気付かなければなりません。その為にも、完全にフレーズを理解できる動画を見つけることが出来れば良いのですが・・・。

ちなみに私のお薦めは、テラーニさんがゆっくり何度も弾いてくれている動画です。



譜面では分かり難いフレーズも、正しいフレーズをスローで聞けば音の流れが掴めます。フレーズを覚えたら、後は徐々にスピードを上げていくだけ!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Killer ( キラー ) KG-EXPLODER Flame Top 【エクスプローダー】
価格:132000円(税込、送料無料) (2020/10/22時点)


最近はお薦めできるギターが少なくなりました・・・




アンプを買い換えたい




posted by あんドラ at 16:55 | Comment(0) | B'z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

御国の四方を守るべし

12598

宇宙戦艦ヤマト2203を見て、積みプラしていたことを思い出したので作ってみました。
その名は

主力戦艦

合理的・・・なのか。
まぁ、当時の放送で名前が無かったという方が正解か。
ヤマト2203では目出度くドレッドノート級とされ、ド級戦艦が山ほど作られていました。

主力戦艦

今回作ったのは旧作のもの。
値札を見ると600円弱。この度のドレッドノート級が4、000円近くしていることを考えると、破格であります。

しかし、それもそのはず。
新作のド級はガンプラで培われた技術が投入されており、素組みでも圧倒的存在感を放つ良作になっております。
LEDギミックが無ければ、もう少し安くできたのではないかと思わずにはいられないのですが・・・。こういう量産型は揃えてナンボですからね。

主力戦艦

で、旧作ですが、おそらくキットとしては40年近く前の型ではないかと。
箱を開けたときは軽く目眩がしたのものですが、素直に組んで終りにしようと決意。

がっつりパーツ同士に隙間が出来ていたりするものの、組み上げると意外に良い出来です。
この、三連装ショックカノンは男心をくすぐります。まごう事なき大艦巨砲主義ですね。

主力戦艦

通常であれば戦艦は生産数が少なく、それを補完する巡洋艦、駆逐艦などがメインの戦闘艦になるものですが、次元断層とかいうチートにより決戦兵器である戦艦が大量生産され、私の大好物である巡洋艦、護衛艦、駆逐艦の出番がほぼ無くなりました。当然キット化もされず、もう泣きそうです。せめて旧作再販されないかな。

宇宙戦艦ヤマトという物語は、少ない戦力で巨大な敵に立ち向かうのが格好良いと思ってましたが、これはちょっと違うなと思った次第です。

後は残った部分を塗装して、クリアーを吹いて進水とします。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


再販が繰り返されているので、一応売れているのですね




こちらも旧作に比較して値上がりが凄い。そしてちっさい!




posted by あんドラ at 20:45 | Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする